サイトメニュー

メスを使わない施術方法

女医

どのような施術方法なのか

二重になる施術を受けたい場合は美容クリニックなどで受けられます。二重の施術方法は大きく分けて2つあり、埋没法と切開法になります。その内、メスを使わない方法が埋没法です。どの様な手法で施術するのかと言うと、まぶたと目を開ける筋肉やその周辺を医療用の糸で結ぶという方法で行います。施術時間は20分ほどと短く、プチ整形とも表現されています。美容整形は手術となるのでメスを使用する事に不安感を抱いている方も多いです。埋没法はメスを使わない方法なので多くの方に受け入れられています。二重にしろ美容整形の施術は基本的にダウンタイムが存在します。ダウンタイムとは施術を受ける前の状態に戻るまでの期間を言い、埋没法ではダウンタイムも短期間で済む特徴があります。個人差はあるのですが内出血や腫れも起きにくい施術方法と考えられています。万が一内出血や腫れが発生しても3日位で引き、日常生活には支障はありません。発生した場合も施術を受けたクリニックで適切な処置やケアをしてもらえます。二重整形で埋没法を行う場合、医療用の糸を埋め込んで筋肉などを結びつけます。糸を埋め込んで結ぶので結び目が必要なのですが、この結び目の数はクリニックや状態によって違います。結び目の数によって1点留めや2点留めと呼ばれていますが、十分に二重を維持する為にほとんどは2点留めや3点留めが行われています。糸を増やす事で二重に持ちが良くなるとは考えられていますが、実際は医師の技術によりけりと言われています。糸を増やすのではなく絡めるといった工夫をされているクリニックもあり、施術には技術が必要になります。二重整形を受ける際は施術方法もクリニック選びに必要な要素ですが、何より医師がどれだけ症例数をこなしているかや経歴も大切な要素です。埋没法では平均5年程で一重に戻ってしまうという声もあり、事実半永久的に維持できる施術方法ではありません。施術後のダウンタイムも維持期間もクリニックの技術や施術方法により差がでるので、クリニック選びは信頼できる所で受ける事が大切です。

Copyright© 2018 二重は低予算で実現可能【入院の必要もない】 All Rights Reserved.