サイトメニュー

理想的な目になる

男性医師

二重手術は珍しいわけではありません。多くの人が受けている手術なので気軽に受けられるということはあります。しかしクリニックによって腕に差があるのでカウンセリングを受ける前に細かいところまで調べておくとよいでしょう。

詳しく見る

末広型は日本人に人気です

顔に触れる女性

二重まぶたは主に三種類あり、理想的な二重まぶたにするために施術方法も変わってきます。医療用の糸を使う埋没法の施術方法もあり、メスを入れない安心感や費用を安く抑えられるなど、メリットがたくさんあります。

詳しく見る

施術前に知っておく事

目元

二重整形は一生ものの施術方法もあります。勿論プチ整形という効果期間が限られている方法もあります。どちらを選ぶにしても患者は悩む事であり、そんなデリケートな問題に真摯に対応して提案してくれるクリニックが適しているクリニックと言えます。

詳しく見る

術後のダウンタイムに注目

カウンセリング

希望する二重まぶたの形があっても、不自然にならないように顔立ちに合った施術方法を決める事が大切です。短時間で終了する施術もあり、ゴールデンウィークなどの連休が取れる時に、美容整形外科に予約を入れて、プチ整形をする事もできます。

詳しく見る

メスを使わない施術方法

女医

二重整形は美容クリニックで受ける事ができ、希望によって施術方法が異なります。メスを使う方法に抵抗を感じる方には切らない埋没法があります。医療用の糸を埋め込むまぶたと筋肉などを結びます。施術方法はさらに細かくあり、医師の技術力も必要です。

詳しく見る

一重の悩みを手術で解消

看護師

メスを使わない方法もある

目元は顔の中で一番目立つ部分であり、顔の印象を最も左右する部分なので、一重まぶたで悩んでいる方も多いでしょう。二重の整形手術は、そうした一重まぶたの悩みを持っている場合に活用できる方法であり、理想の目元にすることが可能です。あるいは、一時的に二重を作ることができるアイテムもありますが、整形手術を行えば持続的、または半永久的な効果を得ることができます。ただし整形手術に興味があっても、気持ち的な部分での抵抗や、手術に対する不安、そして費用面での心配をしている人も多いでしょう。しかし、整形手術と言ってもメスを使わない方法もあるため、気軽に利用したいという目的を持っている場合には、比較的安い費用でできるプチ整形と呼ばれる方法を試すことも可能です。そして、しっかりとした二重にしたいという目的を持っている場合は、費用は高めになりますがメスを使った手術を選ぶこともできます。なので、自分の目的や予算などを考慮した上で、どの方法がいいのかを、あらかじめじっくりと検討してみるとよいでしょう。二重の整形手術には、「埋没法」と「切開法」という主に2つの方法があるため、手術を希望する際はそれぞれの特徴を知っておきましょう。まず「埋没法」はメスを使わない方法であり、医療用の針と糸を使ってまぶたを縫うことで、二重を作るという方法になります。埋没法の手術時間は10分程度とかなり短時間であり、入院の必要もないため、その日に家へ帰ることができます。メリットは、費用が安いということであり、切開法の場合は20万円〜30万円程度かかりますが、埋没法の場合は5万円〜10万円程度が相場となるため、かなり安く済むと言えるでしょう。さらに埋没法は、糸を外すことで元に戻すことも可能だというメリットもあるため、試しにやってみたいという場合にも便利です。次に「切開法」は、メスを使って二重を作る方法であり、広い範囲を切開する全切開法と、狭い範囲で行う小切開法があります。手術時間は、全切開法が60分程度で、小切開法が30分程度であり、こちらも入院の必要がないため当日に帰宅可能です。切開法のメリットは、半永久的に二重の状態を維持することができるということであり、本格的な整形手術を希望する場合に向いていると言えるでしょう。

Copyright© 2018 二重は低予算で実現可能【入院の必要もない】 All Rights Reserved.